株式会社太陽フーズ

業務用野菜・果物・一般食品の卸売
(飲食店専門青果卸)

tel:075-325-5576

商品紹介

商品紹介

カテゴリー

6月のおすすめ野菜
  • フェンネル

    フェンネル

    大きな白い茎はみずみずしく、甘くすっきりとした風味があります。刻んでサラダにしたり、スープや煮込み料理などに利用されます。細葉はディルと同様、「魚のハーブ」として魚介類と組み合わせた料理に使われます。

  • ミニアスパラ

    ミニアスパラ

    通常のアスパラに比べて、細くて短いアスパラです。やわらかい食感と見た目の可愛らしさで、使いやすくて人気の野菜になっています。

  • おかひじき

    おかひじき

    海藻のひじきに似ていることから「おかひじき」という名前になったといわれ、シャキッとした歯ざわりとクセのない淡白な味わいが特徴的です。サラダ、あえ物、おひたし、刺身のツマにどうぞ。

  • パプリカ

    パプリカ

    肉厚の大型種で、赤色、緑色、黄色とカラフルな色があります。苦味・青臭さがなく甘みがあり、ビタミンCやカロテンはピーマンよりも多く含まれています。料理の色彩が豊かになる、人気の野菜です。

  • とうもろこし

    とうもろこし

    米、麦に並ぶ主要な穀物の一つ。ゆでる、蒸す、焼くなど様々な利用方法があります。生でも食べられるゴールドラッシュ、未来コーン、ホワイトコーンも人気です。

  • ゴーヤ

    ゴーヤ

    イボに覆われ、少し苦味のある野菜です。夏の定番料理「ゴーヤチャンプルー」が有名です。

  • ビーツ

    ビーツ

    ビーツは赤甜菜(てんさい)とも言われる根球部を食べる野菜で、甜菜(砂糖大根)の一種です。皮ごと茹でてから調理することが多いですが、ピクルスにしたり、サラダに入れたりする事もできます。世界的に有名なのはロシア料理の「ボルシチ」で、スープとして利用されています。

  • 枝豆

    枝豆

    大豆の未熟な実をそのまま茹でて食用にしたことから、この名前が付きました。ビールのおつまみナンバーワン!

  • アーティチョーク

    アーティチョーク

    大きなつぼみの中心部にあるやわらかい花托を食用とします。フランスやイタリアでは特に好まれ、初夏から秋口まで市場に山積みされますが、日本では気候が適さないため、少量作られてる程度です。ゆでたアーティチョークはユリネやじゃがいもに似た舌触りです。

  • アンディーブ

    アンディーブ

    豊富な食物繊維と、葉の綺麗な舟形が特徴的です。葉を一枚ずつはがしてディップやハムなどをのせたり、きざんでサラダに加えれば、ほのかな苦味が隠し味に。写真はレッドアンディーブです。

  • トマト

    トマト

    夏野菜の代表ともいえるトマト。リコピンが豊富で、甘味・酸味が食欲増進や疲労回復にとても有効的な食材です。そのまま食べても火を通しても美味しい、夏の料理に欠かせない野菜です。

  • 賀茂茄子

    賀茂茄子

    江戸時代に紀州から京都御所に謙譲されたものが、やがて水に恵まれた上賀茂を産地として広まったといわれています。形はボールのような正円形で大きいものは直径15cm、重さは1kgにもおよびます。鋭く長い三枚のヘタを持ち、鈍く黒光りする重厚な紫色をしています。果肉はムッチリと厚く、舌にのせればトロリと滑るような感触と深い濃い味わいが印象的です。また、肉質がしまって密なため、煮ても焼いてもくずれません。人気の商品です。

  • 万願寺唐辛子

    万願寺唐辛子

    甘唐辛子の一種で、京都府舞鶴市の万願寺地区で生まれた「京の伝統野菜」のひとつです。やわらかくて厚みがあり、ほんのり甘いのが特徴。そのまま揚げたり焼いたりと、油との相性バツグンの京野菜です。

  • 加賀太胡瓜

    加賀太胡瓜

    加賀野菜の一種。実の長さ約22~27cm,太さ6~7cmとずんどう型で、重さは1kgになる巨大な胡瓜です。肉厚の果肉はやわらかく、舌触りがなめらかで甘みがあります。皮をむいてあんかけにしたり、うすく切って酢の物にしたりと調理法は多様です。

  • 鞘付ヤングコーン

    鞘付ヤングコーン

    名前のとおり、鞘が付いているヤングコーン。甘みがあってやわらかく、お子様にも人気です。鞘付のまま焼いたり揚げたり、見た目も楽しい野菜です。

     

  • 丸ズッキーニ

    丸ズッキーニ

    加熱すると特有のヌメリが出る熱帯地域生まれの野菜です。葉はやや肉厚で、ほんのり土の香りがあるのも特徴です。お浸し、あえもの揚げ物、炒めものに。

  • ズッキーニ

    ズッキーニ

    イタリア料理やフランス料理でよく使われます。見た目はキュウリに似ていますが、南瓜の仲間です。独特の歯ごたえで、加熱すると茄子に似た食感になり、じっくり炒めたり煮込むと甘みがアップします。

  • アスパラ

    アスパラ

    タンパク質、ビタミンA、ビタミンCを多く含み、独特の香りでまろやかな味が人気です。

  • 水茄子

    水茄子

    丸い形が特徴的で、アくが少なく水分を多く含んでおり、ほのかな甘みがあります。浅漬けはもちろん、サラダなど生でも食べられるオススメの野菜です。

  • 丸茄子

    丸茄子

    信越地方や関西で作られている、コロンとした丸い茄子。果肉がしまっており、味噌漬け、揚げ物、煮物などにオススメです。

  • ホワイトアスパラ

    ホワイトアスパラ

    光が当たらないように、丁寧に工夫して栽培されています。グリーンやムラサキとは違う独特の甘み、ほのかな苦味、綺麗な色彩が特徴です。

  • 空心菜

    空心菜

    茎の中が空洞なことから「空心菜」と名付けられた中国野菜で、葉にヌメりが、茎にはシャキシャキとした歯ごたえがあります。炒めものに最適です。

  • オクラ

    オクラ

    施設栽培に加え、晩秋から春先まではタイなどの南国からも輸入される為、年中、市場に流通しています。南国の野菜なので、日本での露地栽培ものが収穫できるのは暑い夏の時期。6月から8月が旬となっています。サラダにソース、炒めもの、揚げもの、焼きものなど様々な料理に使えます。ネバネバが人気です。

  • モロッコいんげん

    モロッコいんげん

    さやの幅が広くて平たいです。見た目よりもやわらかく、特有のおいしさがあります。

  • ツルムラサキ

    ツルムラサキ

    加熱すると特有のヌメリが出る、熱帯地域生まれの野菜です。葉はやや肉厚で、ほんのり土の香りがあるのも特徴です。おひたし、あえもの、揚げ物、炒めものに。

  • 伏見唐辛子

    伏見唐辛子

    江戸時代から京都の伏見地区で栽培されてきた、甘唐辛子の一種です。一般的な唐辛子と違って辛味がなく、お子様でも安心して食べられます。揚げものや焼きもの、炒めものに。

  • スナップえんどう

    スナップえんどう

    さやと実の両方を食べられます。さやは肉厚で歯ごたえがあり、甘みがあります。

  • マスタードグリーン

    マスタードグリーン

    大きな平葉には、ツーンと鼻にぬける辛味がある。パンやサンドイッチに挟んで使うほか、包み菜として用いられます。

  • わさび菜

    わさび菜

    葉が長く伸び、淵がギザギザのフリル状になるのが特徴で、からし菜特有のピリッとした辛味をもっています。葉が柔らかく、生のままで美味しく食べられます。見た目のボリューム感と鮮やかな色合い、ピリッとする味が人気です。

  • フリルアイス

    フリルアイス

    葉先がギザギザしています。食感は玉レタスと似ていてシャキシャキとした歯ざわりがあり、それでいてエンダイブのように葉先が縮れている分少ない量でもふんわりボリューム感がだせます。

  • セルバチコ

    セルバチコ

    ルッコラよりも、ゴマの香りとピリッとした辛味が強いのが特徴的。「ワイルドロケット」ともいいます。

  • ルッコラ

    ルッコラ

    サラダでおなじみの葉菜です。ピリッとした辛味とゴマの香りが特徴。ビタミンC、Eが豊富でカルシウムや鉄分もたっぷりです。

  • ホワイトセロリ

    ホワイトセロリ

    一般的なセロリに比べると香りが優しく、繊維もやわらかいのが特徴。独特のシャキシャキ感があり、食べやすくなっています。茎が白いので料理のアクセントにもおすすめです。

  • 花付きズッキーニ

    花付きズッキーニ

    花が開花する前に収穫した花付の効果、または花のこと。雄花は、花だけで、雌花は小さな実の先に黄色の花がついています。花の部分にチーズや挽肉などを詰めてフリッターにするのが人気の食べ方。

     

  • アスパラソバージュ

    アスパラソバージュ

    日本は主にフランスで山どりされた天然ものが輸入されています。春先のほんの一時期しか手に入らない貴重品。味は淡白でクセがなく、サラダやスープの材料として用いられます。

  • ルバーブ

    ルバーブ

    リンゴに似たような酸味とあんずのような香りが特徴で、ジャムやジュースの他、細かく切ったルバーブをそのまま生地に混ぜ込んで、お菓子にしたり千切りにしてサラダに加えたりと様々な利用方法があります。

     

  • エシャロット

    エシャロット

    「シャロット」とも呼ばれ、香辛料としてフランス料理によく使われます。オニオンやガーリックと同じような強い刺激臭を持ちます。すりおろしたり、細かく刻んで、ポタージュやソース、ホワイトシチューなどの香味づけに用いられています。

  • モロヘイヤ

    モロヘイヤ

    ホウレンソウを上回る栄養価で、青菜には珍しいネバネバ成分、ムチンが多く含まれているのが特徴です。ゆでたり、刻むとネバネバが出てきます。夏バテにおすすめです。

  • クレソン

    クレソン

    肉料理のつけあわせとして活躍する独特の香りとさわやかな辛味が生きる葉菜です。サラダやスープ、炒めもの、おひたしや和えものに。