株式会社太陽フーズ

業務用野菜・果物・一般食品の卸売
(飲食店専門青果卸)

tel:075-325-5576

新着情報

カテゴリ:未分類

京都舞コーン!

2020年7月12日 未分類  , ,

今回は京都ロックファームさんのホワイトコーンをご紹介いたします。

その名も京都舞コーン!白い粒が舞妓さんの白塗りと同じだからでしょう。もうちょっと熟せば京都芸コーン!になるかもしれません。

糖度が18度を達成したホワイトコーンは実が柔らかく、生で食べても甘さを実感できます。
私は、生でトウモロコシを食べるような事は普段はしないのですが、この舞コーンは生で食べてみました。

確かに甘い!果物とは違う、うまみと甘みが混ざったような……
とにかく美味しいです!

7月いっぱいまでの限定です。
ご用命、お問い合わせはお気軽に!

レジ袋!

2020年7月5日 未分類 

テイクアウトの需要が高まっています。その際に皆様のお店ではポリエチレン製の、いわゆるレジ袋をお使いでしょうか?
7月から、レジ袋が有料化になり、なにかと環境に悪いイメージがついているこの袋ですが、実はそうではないようです。
包装資材メーカーの清水化学工業さんのホームページに以下の事が書いてありました。

ポリ袋は実はエコなんです。

  1. ポリエチレンは理論上、発生するのは二酸化炭素と水、そして熱。ダイオキシンなどの有害物質は発生しない。
  2. 石油精製時に(ポリ)エチレンは必然的にできるので、ポリエチレンを使用する方が資源の無駄がなく、エコ。ポリエチレンは石油をガソリン、重油等に精製した残り・余りもの。
  3. ポリ袋は薄いので、資源使用量が少量で済む。
  4. ポリ袋は見かけほどごみ問題にはならない。目に見えるごみの1%未満、自治体のごみのわずか0.4%。
  5. 繰り返し使用のエコバッグより、都度使用ポリ袋は衛生的。
  6. ポリ袋はリユース率が高い。例)レジ袋として使用した後ごみ袋として利用
  7. 自治体によってはサーマルリサイクルし、ごみ焼却燃料になり、重油燃料の使用量がその分減少し、無駄とならない。総二酸化炭素排出量は、サーマルリサイクルしても、そうしない場合と大差ない。
  8. ポリ袋は紙袋の70%のエネルギーで製造可能。
  9. ポリ袋の輸送に必要なトラックの量は、紙袋の7分の1。
  10. ポリ袋の製造に必要な水の量は、紙袋の25分の1。
  11. ポリ袋は紙袋に比べ、ごみにしてもかさばらない。
  12. 紙袋は再生できるものと再生できないものがある。ラミネート加工されているものや紐の種類によっては再生処理できない。
  13. 紙袋は間伐材とはいえ森林資源を利用。

http://www.shimizu-chem.co.jp/message.html

レジ袋は石油の精製時に残る成分で作っているので、むしろ環境に配慮した製品という事は納得できます。

あらゆることに当てはまりますが、固定観念は本質が見えにくくなります。

除菌剤は気休め?

2020年6月12日 未分類 

ドラッグストアでも、スーパーマーケットでも除菌剤のコーナーはあります。バリエーションが豊富で、テレビのコマーシャルで見たことがあるものから、よくわからないものまで幅広いラインナップです。

私はどれを使っても同じだろうと思っていました。もっと言うと、どれを使っても意味がないと思っていました。なぜなら、菌やウイルスは人間の目に見えないので、どこに除菌剤を使えばいいのかわかりません。そんなものを相手にしていては、除菌剤など気休めではないかと思っていたのです。

考えてみたら、菌やウイルスなどが本当にいるかどうかもよくわからない存在ではないですか?虫ならわかります。ゴキブリが家の中にいたら、男の私でも、場合によっては悲鳴を上げるかもしれません。

蠅が大量発生している状況とかも気持ち悪いです。そんなモノを見たら、人体に安全かどうかを気にすることなく、殺虫剤をばらまきます。

新聞紙を丸めて追いかけることや、蠅たたきを振り回すよりも、スプレーでやっつけられるならそっちを選びます。潰してしまったら気持ち悪いからです。

けれども、菌やウイルスは私の肉眼では見えません。どんな人間の目にも映らないでしょう。もしも見えたら、気持ち悪くなって発狂するかもしれません。そうなったら、どんな手を使っても駆逐しようとするでしょう。

同じように、コロナウイルスによる新型の肺炎が広範囲で流行しているからと言って、ウイルス自体を見た事ある人はほぼいないはずです。どこにいるのか分からない、菌やウイルスに除菌剤を使うと言っても、ただの気休めにしか聞こえません。まだノロウイルスなら経験上、嘔吐物などに除菌剤をかけて処理をするという作業をイメージできます。それなら使い道はあります。けれども、コロナウイルスはどこにいるのかわかりません。流行が始まってから、アルコールの消毒液が飛ぶように売れています。主に手の消毒に使うみたいです。

私はそれさえしていれば防ぐことが出来ると思えません。ウイルスはどこにいるのかわからないのです。手を一時的にキレイにしたからといっても、その後すぐにウイルスが手につく事はありえるのです。

では、消毒液や除菌剤はやっぱり、気休めでしかないのでしょうか?

ところが、そうではないのです。除菌剤の使い方さえ知れば、感染症のリスクはグッと下げられるのです。ただし、正しいモノを、正しい状態で、適したウイルスに使わないといけないのです。

一般的に販売されているものを使うなら、それらのポイントを知ることが重要です。商品として販売している以上、何かの効能がどの除菌剤にもあるのです。そうではないのなら、詐欺になります。使い方を知るには、除菌剤がどういうものなのかという事を知る必要があります。

その次亜塩素酸水大丈夫ですか?

2020年5月27日 未分類  , ,

コロナウィルスの騒動で除菌剤を使う場面が増えたと思います。
除菌剤は大きく分けて、アルコール(エタノール)除菌剤、次亜塩素酸水、その他というように市場に出回っている主な成分は2種類しかありません。

今までも、調理場で次亜塩素酸水が主成分の除菌剤を使っていた方もいるかと思います。

今回は、次亜塩素酸水のメリットとデメリットを書きます。
私は次亜塩素酸水で大丈夫?と思っています。皆様もちょっと考えてみてください。

◎次亜塩素酸水系の除菌剤メリット

・インフルエンザウイルス、コロナウイルスをやっつけることができる。

・厚生労働省や農林水産省までもが安全性と殺菌効果を認めている。

・食品添加物として厚生労働省に指定されている。

◎次亜塩素酸水系の除菌剤デメリット

・成分が変質しやすいため、製造から半年から一年以内に使用しなければならない。

・汚れなどに反応して分解するため、使用時には除菌したい場所を掃除してから使用する必要がある。

・濃度によっては意味がない。

次亜塩素酸水は不安定な成分なので、消費期限が短いのが特徴です。購入時には製造年月日の確認が必要です。

その性質上、備蓄には向いていない除菌剤です。

汚れなどにも反応するのは、逆の意味では即効性があるという事になります。ただ、肝心のウイルスを不活化する前に分解されては意味がありません。厚生労働省のホームページにも『有機物が存在すると容易に活性が低下する。これをカバーするには、流水で使用することが肝心である。』と書いてあります。「予め流水できれいにしてね。それから次亜塩素酸水を使ってくださいね」ということでしょう。

また、次亜塩素酸水は菌やウイルスを酸化させて不活化する仕組みです。という事は、金属なども酸化させてしまうので使い方には注意が必要です。

私はデメリットの方が気になります。
特に消費期限があるので、使わずにおいていたらただの水になっているわけです。
そんなモノをつかって除菌できるとは思いません。

皆様も除菌剤を使う際には使い方に気を付けてください!



ノーザンルビー

2019年4月19日 未分類 

形はメークインのようですが、果肉は赤色。煮崩れも少なく、皮もきれいに剥きやすいです。ポテトサラダ等に調理すれば色が映えそうです。

花山椒

2019年4月11日 未分類 

山椒の花が開く直前に、摘みとったものが「花山椒」です。

この時期から来月上旬までの短い間だけ販売している「新物」は特に香りがよく、味も豊かです。

生産者様の売り込み募集

2016年12月6日 未分類 

ただいま、生産者様の野菜・果物の売り込みをしていただく方を募集しております。

ご希望の方、興味のある方は、一度ご連絡ください。